本当に困った時のクレジットカード現金化

クレジットカードといえば商品購入時の決済に使いますが、どうしても現金が必要になった時、現金に換える業者が存在します。そういった業者がどのような方法で現金化するのかといえば主に新幹線チケットや高額商品の購入になります。そして、それをチケットショップや質屋に売るのです。

クレジットカードの現金化をするということは、購入代金はカード名義人の支払い義務になりますし業者が何ら責任を負ってくれるわけではなく一切の責任は名義人にあります。こういった業者は指南するだけで、貴方自身がカードを使って買った新幹線チケットなどを安く購入します。そしてそれを業者が大体70~80%位の価格で買い取るわけです。

そして業者がチケットショップに売りさばくのですが定価の90%前後で売りさばけるので差額は業者の手数料ということになります。購入から転売までを自分で行えば手数料がかかることもなく購入金額に近い現金を受け取ることができます。何も知らないと、業者に感謝する人もいるかもしれませんが、どちみち元の購入代金は自分に支払い義務があるわけで、期日が来ると支払わなければなりません。なので当面の現金の工面を考えているなら業者には頼らない方がいいです。業者は指示を出すだけです。

「○○のお店で新幹線チケット○枚購入して下さい」くらいのものなのです。そしてその場で即買取が業者を介した手順です。これを知ると自分で換金するに越したことはないですね。使うのは自分のカードで自分の責任ですからお忘れなく。確実に高額で売れやすいのは新幹線チケットです。それも東京~新大阪間ですね。チケットショップによって換金金額も変わりますから予めリサーチしておくといいかもしれません。売れ筋の高級ブランドバッグを購入して換金する方法もありますがこれをするなら買い取りショップの当日の高価買取商品を調べる必要があります。

そしてその商品を購入。紙袋も全てお店に持ち込んで査定してもらうと良いでしょう。あとはもし知り合いにカード決済を導入してる自営業者がいたら現金化を頼んでみることです。そこで何らかの購入をしたことにしてカードを使い、手数料(業種や決済会社によって変わります)を引いた額を現金でいただきます。後日、カード会社から自営業者にお金が支払われます。この場合は相手も巻き込むことになるので高額は期待できません。どの手段を使うにしても注意しなければならないのは、クレジットカードの使用可能残高です。使用可能金額の残高がないと現金化はできません。そして、カード規約に反しているということ、全て自己責任であることを忘れないでくださいね。

Leave a Comment