カード現金化を行った場合、返済はどうなる?注意点ってある?

カード現金化の返済はどうなるの?

クレジットカードの現金化を行った場合、その返済はどうすればよいのでしょうか。勘違いしている方も多いかもしれませんが、返済先は「カード会社」であり、現金化を行う業者ではありません。クレジットカードの現金化の仕組みは、その業者を通じてオンラインショッピングを行い、その購入した品を改めて業者に買い取ってもらうというものです。そのため履歴上は、あなたがネットで買い物をしたというだけですので、その使った分のお金をカード会社に返済していきます。

たとえば100万円のショッピング枠すべてを現金化し、手数料や消費税を差し引いた額、80万円を受け取ったとします。するとカードには100万円の買い物の履歴が残りますが、手元には80万円ありますよね。そのため、返済に困ってしまうということは、計画的に利用している限りはないと言えるわけです。

ただし注意しなければならないのは、そのカードの返済方式です。もし誤って一括払いにしてしまえば、翌月にその利用分を一括で支払わなくてはいけません。先の例の場合、手数料などで20万引かれているわけですから、1ヶ月で20万円以上を用意しなくてはいけないことになるのです。そのため業者に依頼する場合には、必ず、支払い方法の指定を行い、何度も確認し、相手が間違えないようにしてください。

そのような支払い方法でのミスを防ぐため、リボ払い専用のカードを現金化するという方法もあります。リボ払い専用のクレジットカードは、たとえばコンビニで使用したときに「一括で」と言ったとしても、返済方式は自動的にリボ払いとなります。あとは余裕のあるときに、任意で多めに返せばいいだけで、少々使いすぎても返済に圧迫されることがないというのがリボ払い専用カードの特徴です。

これを使えば、たとえ相手が操作を間違ったとしても、支払いはリボ払いになりますので、一気に何十万という請求が来ることはありません。

ただし利息はかかる

カード現金化は審査なしですぐにでもお金を手にできるのが良いですが、ただし利息や手数料等の雑費負担は、借金をするよりも大きくなります。100万円の申請をして、80万受け取った。この時点で20万円を業者に持っていかれているわけですが、カード利用分の100万円には、年利18%などといった利息が別途かけられますので、キャッシングなどよりも負担は大きくなってしまうわけですね。

ですから、もしあなたが今すぐに現金が必要な状況にあるのだとしても、まずはキャッシング(借金)をする方向で考えたほうがよいでしょう。カード現金化は最後の手段なのです。

Leave a Comment